スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術無しで、頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善・解消する徳永英光先生

頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善・解消するプログラムです。

柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9万人以上の施術実績の集大成です。
慢性的な【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】根本原因改善プログラム
改善しなければ100%返金保障付きです。


●一般医療での治療法

「変形性頚椎症」

寝違え状態の場合には安静が必要です。
姿勢に気をつけ、上手に休憩と体操することが基本となります。

温熱治療や頚椎牽引が補助的に用いられます。
レーザーも普及してきました。

薬物治療では、
短期間の鎮痛消炎剤の内服で悪循環をとめる場合があります。
その他、鎮痛消炎剤の外用剤も用いられます。

しかしそれらは対処療法となります。


「頚椎症性神経根症」

神経所見のある間は安静が大事です。

頚部安静のため顎当て付きのカラーや装具を一定期間使用する場合があります。
鎮痛消炎剤や短期のステロイドホルモン剤が投与されます。

急性期を越えたら、痛みがひどくならない姿勢と程度で日常生活に復帰します。
どういう姿勢と動作、体操がいいかなど十分な注意が必要です。

激しいマッサージなどは腫れて弱った神経にとどめをさす結果となりますので要注意。

慢性期には温熱治療、頚椎牽引を行います。

運動マヒがある場合には低周波で筋肉を電気刺激するケースがあります。
痛みについては神経ブロックが有効です。

症状によっては硬膜外ブロックという手技があります。
一定期間を経過すると、神経の通路が調整され、骨のトンネルとの相性がよくなり適応して、
一旦症状が軽快します。そのあとは長期間再発に注意し、予防に配慮します。
 
マヒが明らかで回復傾向が少ない場合や、痛みがひどくて生活に支障があれば手術を検討します。

その場合、圧迫部分を削って広げる方法と、
患部の安定を確保するための椎間固定手術の組み合わせが一般的。

マヒが一旦発生すると原因を解決しても症状の回復には半年1年単位の時間がかかります。
マヒから一定期間を過ぎて手術という場合には完全な回復が望めないことがあります。

どちらにしてもリスクは相当高いものになります。





>>>手術のご検討前にお読み下さい

>>>手術をせずに解消させる方法
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

首は治る

Author:首は治る
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。