スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頸椎ヘルニアの症状と予防方法 頚椎治療の専門家 柔道整復師 徳永英光

頚椎治療の専門家 柔道整復師 徳永英光先生は神奈川県の相模原市で徳永接骨院を構え12年。
単なる治療だけではなく根本的な原因に対する施術を行い続け、今まで9万人以上の施術実績を持ちます。



>>>詳細を先にみる


頸椎ヘルニアの予防といっても、交通事故のような予期せぬ怪我での発症では防ぎようがない事もありますが、
生活習慣での注意点は身に付けたいですよね。


まず簡単でいて大切なことは、「姿勢」がよく言われていますよね。


その理由に、首に負担が掛かると言うことは、人間の姿勢では避けられませんが、
それでも疲労の蓄積が原因の一つなので、頸椎ヘルニアの予防として同じ姿勢を長時間続けることを避けたり、
ストレッチ等での筋肉の緊張を解く行為が非常に効果があり、必要な事なのです。

運動のしすぎでの頸椎ヘルニア発症の例も多いため、無理な運動が体にかける負担を考慮する知識も必要です。

そして、加齢による発症も多い頸椎ヘルニアですから、完全な予防は難しいとも言えますが、
少しでも首や手足のしびれを感じたら、すぐに専門医の診断を受け治療に掛かることが、最大の予防となるのかもしれませんね。


●頸椎ヘルニアの症状(医療)

頸部痛などの局所症状のほか、ヘルニアが膨隆する部位や方向により、脊髄症状か神経根症状、または両者が生じます。

脊髄は中心部の神経細胞からなる灰白(かいはく)質と、その周囲の神経線維からなる白質により構成されており、
脊髄がヘルニアで圧迫された場合には、灰白質と白質とが様々な程度で障害されることから、多彩な神経症状が発現します。

典型的な脊髄症状では、まず上肢に症状が発現し、手のしびれ、こわばり感、筋力低下を徐々に自覚します。

周辺の白質にも障害が及んだ場合には、下肢のしびれ、つっぱり感などの歩行障害、膀胱・直腸障害(便秘、尿が出にくいなど)などが発現します。
上肢では箸がうまく使えるか否か、下肢では歩く時に杖を使うか、
階段の上り下りで手すりを使うか否かが、運動機能の障害を知る目安になります。

神経根は運動枝である前根と、知覚枝である後根とからなり、ヘルニアでは通常は両者が圧迫されるため、
神経根症状として、前根の障害による上肢の筋力低下や筋萎縮、後根の障害による上肢の知覚鈍麻(どんま)や痛みなどが生じます。

後根が圧迫された場合、頸椎を後側方へ傾けると椎間孔が狭窄(きょうさく)され、さらに後根が圧迫されやすくなる結果、
傾けた側の側頸部から肩、上肢にかけて痛みが誘発されます。

前頸部に圧痛も認めます。

前根のみまたは脊髄灰白質が障害された場合には、上肢に知覚障害や痛みはないか、あっても軽度にもかかわらず、
肩を持ち上げにくい、肘を曲げにくいといった上肢の筋力低下を主体とする症状が出ることがあります。

ハードディスクヘルニアは、骨棘ができるほどに慢性経過した変性変化を基盤とすることから発症も緩徐(かんじょ)で、
多くの方では長く頸部痛や肩痛が続いた後に、痛みが増強します。

ソフトディスクヘルニアでは外傷などを契機とすることから発症も急激で、激しい痛みのため頸椎の動きが著明に制限されます。

頸椎の脱臼骨折などの急激な高エネルギー外傷に合併したヘルニアでは、重篤(じゅうとく)な急性脊髄損傷を生じえます






>>>慢性的な頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネック」の根本原因を解決します

>>>詳細はこちらから







スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

首は治る

Author:首は治る
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。